archive

意外と知らない

皆さんは、印鑑と実印の違いについてご存知でしょうか。
社会に出て長い方からすれば常識の範囲内の事柄かもしれませんね。
しかし、社会に出たばかりであれば「何となくは知っているけど…」といった方から「もちろん知っている」という方まで幅広いのではないでしょうか。
これから年を経るにつれ、印鑑や実印を使う機会はどんどん増えていくことでしょう。
そこで、改めてこれらについて、実印に主な焦点を当てつつご説明していきたいと思います。

まず、印鑑について。
印鑑はいわゆるはんこのことを指します。
印鑑であれば皆さんきっと一度は押したことがあるかと思います。
例えば履歴書に押印したり、書類の記入に誤りがあった際にも訂正印として押しますよね。
こういった場合に使用するはんこのことを印鑑と呼んでいます。
もっと正確に言えば、日ごろ携帯しておいて印鑑を求められた際に押す印鑑のことは認印と呼びます。
銀行で口座の開設などに用いる印鑑のことは銀行印と呼び、実印、認印、銀行印、訂正印が個人で使う主な印鑑の種類です。
そして、印鑑を特定の手順を踏むことで実印として使えるようになるのです。